幻のゲーム「Au」を触ってきた

   

6/7に行われた、【スーパースィープ プレゼンツ テクモ・アーケード・クロニクル発売記念イベント】に高田馬場ゲーセンミカドまで行ってきました。
『テクモ・アーケードゲーム・クロニクル』 » SweepRecord

ゲームWATCHによる詳細インタビュー。
「テクモ・アーケードゲーム・クロニクル」インタビュー テクモアーケードゲームの歴史と魅力が凝縮された珠玉の逸品はいかにして生まれたのか? - GAME Watch

登壇者
原尾宏次(テクモ取締役)
坂本慎一(作曲者)
増子司(作曲者)

とりあえず、トークの詳細は一切かけない危ない話がいっぱいでした。行った人だけのお楽しみってことで。
上場企業の取締役がミカドのトークに来たのは初めてじゃないですかね?。

で、ロケテストで消えた存在は知られていたけど画面は全然わからなかったゲーム「Au」
金の元素記号ですね。

auタイトル画面
タイトル画面。
発売されなかったからかシンプル。

Au1面

Au1面

ジェネレーターからでてくる敵をキャプチャーして、それをジェネレーターへぶち当てて壊して、ジェネレーターが残り1個になったら面クリア。ジェネレーターが逃げるっていう設定らしい。

4方向レバーでの操作なのでかなり難易度が高いのと、初見殺し満載でした。
ロケテストでオクラ入りしたため、ぶっちゃけ完成度はかなり低いですが、これはこれであの時代に出ていたら面白かったのかもしれないなと思います。

八木プロデューサー
体験プレイを見守る八木プロデューサー。

テーカン、テクモのアーケードゲームのサントラとしては恐らく唯一になりそうな雰囲気プンプンなので、興味の有る方は是非購入を。

近年のゲームミュージックサントラはこうしたBOXか、ゲーム自体に付属されてしまい、単品で出ることが殆ど無いので集める方々は大変ですね・・・。

 - イベント, ゲーム, 日記 , ,