アイドルマスターLIVEinSLOTを打ちたいスロット初心者のための解説

●ホールで打つために知っておくべきこと
・通常貸メダル1枚20円。なのでサンドとよばれる貸メダル機に1000円入れると50枚のメダルがでてきます。
5スロと呼ばれるものは1枚5円なので1000円で200枚になります。
ちなみにゲーセンにあるスロットは100円で30とか20とか。
・スロットは通常3枚がけです。メダルを3枚入れたらレバーを叩いて1回リールが回ります。
・スロットには最大50枚の保留ができます。保留枚数以上になると下の受け皿にメダルがでてきます。
・リールの下にあるボタンを押すとリールが止まります。ハズレや小役などにより押してから最大4コマくらいは滑ります。
・スロマスはボタンはどこから押してもOKです。機種によっては左から順押ししないとペナルティがある場合があります。というかペナルティがある機種が大半でどこから押してもペナルティがない機種の方が珍しい。
・レバーを叩いた瞬間に各種抽選をしています=演出が決まっています。
・リールを回せる間隔は決まっています。約4秒に1回。なのでどんなに早くやろうとしても1分で15回転程度しか回せません。
 ゲーセンにあるスロットはアミューズメント仕様で改造されているため、このウェイト(待ち時間)がないものもあります。

<<追記>>
過去ホールに行ってスロットを全く打ったことがない人は絶対に一人では行かないこと。
必ず経験者と一緒に行くこと。

用語解説
・小役
 リプレイやベルのこと。これらや目押ししないでも揃います。初心者も安心。
・レア子役
 チェリーやスイカやチャンス目のこと。これらは目押しが必要になります。外れても払い出しがないだけですが、その分損することになります。
レア子役は出現率が低いかわりにボーナスなどが当たる可能性が高くなります。
中段チェリーとかだと50%とか。機種によっては100%ボーナス当選とか。

・RT(あーるてぃー)
 リプレイタイムの略語。リプレイが揃いやすくなるモードのこと。RTに入るとメダルをあまり減らさずプレイをできるようになります。RT突入条件は機種によって違います。

・ART(えーあーるてぃー)
 アシストリプレイタイムの略語。RTにさらにアシストがついて小役が揃えやすくなります。スロマスの場合は(たぶん)ベルが揃うようになります。順番を無視して押すとベルが揃いません。ART突入条件はこれまた機種によって違います。

なのでARTに入るとリプレイ+子役ナビがつくので持ちメダルが減らずちょっとずつ増えていきます。
ニコ生でART1セット30ゲームと言っていたので最低30回はリプレイ確率が上がってさらに小役ナビでベル(黄色)がそろうのでメダルが少しずつ増えていきます。例としてはART純増1.2枚と書かれていたら、ART1セットで平均36枚増える、ということになります。

・合成確率
 ビッグボーナスとレギュラーボーナス合わせたいわゆる当たりの確率になります。機種によってはARTの確率もあわせてたもの。
 例 ビッグボーナス確率 1/300 レギュラーボーナス確率 1/300
   この場合は合成確率は1/150になります。
だからといって150回回せば1回当たる、というわけではありません。確率なので1回で当たる場合もあれば1000回回しても当たらない、なんて普通にあります。
いわゆる天井のない機種だったりすると1日回しても1回も当たらない、なんてことも起こりえます。

・高確率モード
 ボーナス子役の確率が上がったりやARTなどが当たりやすくなるモードのこと。一定の条件で突入します。通常はレア小役で高確モードに上がることが多く、はずれや一定の出目で一定の確率で転落します。
<<追記>>
 指摘を受けましたが、ボーナス当選確率はかわりませんね。押忍番長2なんからボーナスといっているものも実際はARTでした。

・上乗せ
 ARTゲーム数が増えること。主にレア小役やART中のボーナス当選で抽選され、ARTゲーム数が上乗せされます。5ゲームだったり300ゲームだったり。私の好きなBLOOD+なら最大1000Gの上乗せがあったりします。

おまけ
・セブフラ
 上の動画だと1分50秒の当たりで鳴っている音のこと。サミー伝統の演出で何からの超レア当たりを引いたということ。
 動画だと黒×15とでていたのでおそらくその場合はART15セット当選=450ゲームのART確定。
 たぶん今稼働コードギアスと同じく、一定条件下で黒が揃った数だけのARTゲーム数上乗せだと思われます。
 450ゲームのARTだと40分続く感じです。

・マイスロ
おそらく100個のミッションだと思います。簡単なものからとんでもなく大変なものまで。
全部見る、となるとホールで打つよりも実機買ったほうが圧倒的にお金を使わない、ということになると思います。
1日ホールでフルに回しても9000回転ぐらいしか回せません。

・天井
ボーナス間、またはART間など、一定の条件で当たりが出なかった場合に何らかのボーナスまたはARTが当たるゲーム回数のこと。
スロマスが天井有りかどうかわかりませんが、今ホールで稼働中の北斗の拳であればボーナスまたはAR終了後1600ゲーム当たりなしで天井到達、ミリオンゴッドならART終了後1400ゲームで天井到達となります。
天井到達でのボーナスは通常よりも良い条件が付いているものがあります。
ただし天井到達までにつっこんだ金額を考えると・・・。

・ツイッターとかみてるとヘッドホン端子はとか映像の外部出力とかやればいいのにとかいう声があがっていましたが、ホールで稼働するパチンコ、スロットについては一切の改造が認められていません。不正行為の元凶となりえるからです。ホール側の不正行為だけではなく、いわゆるゴトで不正にメダルを出す手段に利用される可能性が高いからです。パチンコ、パチスロの規制はゲーム業界の規制なんかより厳しいものになっています。ボタンが壊れてもその場で直して営業再開、とは行きません。届出が必要なのです。

・マナー
ホールで打っている人の台を囲んでみんなで見る、というのは店員や管理カメラの目を遮ってゴトをやっている、とおもわれる為絶対にしないでください。隣の人にも迷惑になります。
空いているからといって隣の台に座って見るのもNGです。
自分が打っている台の演出の撮影ぐらいは大目にみてもらえますが、ホール内の撮影は防犯上の理由から禁止されていることがほとんどです。
ホールによって持ちメダルをもって台の移動ができる、友人との出玉共有ができるできない、などルールが違います。台の近くに説明が書いてあることがほとんどですのでよく読みましょう。

こんなところですかね?。
間違ってることもあるかと思いますが、まあこれくらいは知っておくと入りやすいと思います。

>ちょっと修正

子役→小役へ修正。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク