CR戦国乙女 ファン感謝イベント2011」へ行ってきました。

   

5/15に秋葉原のベルサール秋葉原で行われた「CR戦国乙女 ファン感謝イベント2011」へ行ってきました。

友人がが同日行われる今井麻美バースデーライブにくるのでこのイベントを教えたら当初の予定を変更して夜行バスできやがりましたのでそれに合わせて秋葉原へ向かいました、始発で。


秋葉原ついたら5時過ぎ。6時以前の列作成はされていなかったのでぢょーかーと合流してマクドナルドで朝食。6時前ぐらいにベルサールへ向かうと列ができていましたのでそれに並びました。その時点で50名ぐらいでした。他のイベントに比べたら人数も少なく行儀のよい感じでした。






販促用と思われる幟。今回はタイトルで2種、あと主要8キャラそれぞれの10種のようです。ノブ様欲しい。


試遊台。

10時の整理券配布時には大体400名ぐらいが並んでいたようです。ただこれは物販も試遊も合わせて並ばせていたので物販だけ目当てだった人はちょっとかわいそうだったかも知れません。

無事に整理券をゲット。

イベントは3回。私が参加したのは1回目。
ゲストは
・徳川イエヤス役の千葉紗子さん
・今川ヨシモト役の山本麻里安さん
司会として長谷川静香さん
でした。まあ長谷川さんはあとでいろいろあったわけですが。

整理券を受け取ってそのまま建物反対側に用意された待機列に順番に並びました。
そのまま10時30分になってイベント会場であるB1へ移動となりました。

イベント会場は大体150人ぐらいが椅子あり、それ以降は立ち見という形式になりました。

11時になってイベント開始。

進行としては
・司会登場、長谷川さんと東京プリンの人。
・ゲストの紹介
・CR戦国乙女2の紹介
・開発者である平和のプロデューサー、キャラクターデザインの白組の方、音楽担当の方(milktubの人だよね?)、そしてゲスト2名でのトーク
・新キャラクター担当の声優さん(能登麻美子さん、加藤英美里さん、井上麻里奈さん)のビデオメッセージ
・生アテレコ
・チャリティーオークション
・会場限定公開のプレミア映像
というものでした。

生アテレコでは千葉さん、山本さんがそれぞれソロの必殺技と今回追加されたコンビ技のアテレコを行いました。そしてオウガイ登場のところでいきなり長谷川さんがアテレコへ参加!。
一応公開されてなかったのですが、オウガイは長谷川さんが声を当ててたんですね。
オウガイ=小早川ゆたかなんですねぇ。
会場内では半分くらいの人が知っていた模様。知っていたのはまあ2chの民でしょうけど。

チャリティーオークション
・CR戦国乙女2 パンフレット ホール用ポスター2種(千葉さん山本さん長谷川さんサイン入り)
 31000円
・CR戦国乙女2 キャラクターグッズ センス (千葉さん山本さん長谷川さんサイン入り)
 31000円
・CR戦国乙女2 キャラククターポスター(イエヤス ヨシモト) オウガイTシャツ(それぞれのキャラ担当さんのサイン入り
 33000円
・額入り 徳川イエヤスイラスト 千葉さんサイン入り
 45000円
・額入り 今川ヨシモトイラスト 山本さんサイン入り
 40000円
・額入り オウガイイラスト 長谷川さんサイン入り
 45000円
・額入り 新キャラクター3人のイラスト 担当声優3人のサイン入り
 50000円

予算も無いしはなから勝負する気はなかったのですが、会場の雰囲気もあってかなり高騰しました。2回目の時はもっと上がったようですが・・・。
売上は全額日本赤十字社へ寄付されます。

最後にwebでは現在7種類のムービーが公開されているのですが、あと2種類あってそのうち1つは従来あった「ぷれぜんと」、もう1つがプレミア大当たり楽曲のためwebでは公開されないのですが会場限定で流されました。
歌っていたのは能登麻美子さん。曲名は「茜さす契り」(曲名微妙)。CDには入るのかな?

そんなこんなで1回目イベントは終了しました。
その後上のホールへ上がって展示物をみて試遊台にならびました。
























各種資料。設定画や電撃大王で連載中のコミックス、放映中のアニメなどの紹介。





試遊台。椅子カバーも8種類あるのね。ノブ様欲しいぜ。


並んでいる間にモニターには2回目のイベントの模様が映しだされてました。


ノブ様とマサムネが打っとる。


また1Fに設置してあったスペースでコスプレ撮影会が定時でおこなわれてました。





ヨシモーの人が愛想良かったです。

おまけ

小早川ゆたか(違います)






ヨシモーはほんとイエヤスが好きだな。

あ、試遊の感想書いてない。
前作の良かった点がちょっとスポイルされまくってるように思います。
いろいろな遊び方はあるのでちゃんと回せるところで打つのが楽しそうです。

 - イベント, 写真, 日記